専門的な知識と技術を有し、医療現場での教育や指導を行うのが専門看護師です。

MENU

専門看護師について

 

看護師

 

専門看護師とは、日本看護師協会が実施する専門看護師認定試験に合格し、知識や技術を備えた看護師のことを言います。

 

特定の専門看護分野において看護実践能力が必要とされています。
専門的な知識と技術を有した看護師で、医療現場での教育や指導を行なう立場となります。

 

看護師の資格には、専門看護師認定看護師という2つの資格がありますが、専門看護師の資格は、看護系大学大学院修士課程修了が必要で看護ケアのスペシャリストと言えます。

 

専門看護師になるには?

まず、2年間大学院に通う必要があり、認定試験を受けて医療機関で経験を積む必要があります。
修士課程終了後も実践が必要なため6ヶ月以上の勤務が必要ですし、看護師として5年以上の勤務経験も必要です。
さらに、5年のうち3年間は取得しようと思っている専門看護と同じ分野での勤務経験が必要です。

 

 

これらトータルでかかる費用をしっかりと理解し計算したうえでチャレンジするようにして下さい。

 

 

専門看護師と認定看護師の資格の違い

 

専門看護師と認定看護師の資格の違いは、

認定看護師…臨床現場で水準の高い看護技術を実践出来る臨床現場のエキスパート

専門看護師…複雑で解決困難な看護問題を持つ人に対して水準の高い看護ケアをするための知識や技術を深めた者

ということになります。

 

 

 

専門看護師の分野

 

キャリアアップを目指す看護師の増加と共に、資格が作られました。

 

専門看護師の分野は多岐に渡り、

などがあります。

 

それぞれの分野に資格があり、老人看護専門看護師や小児看護専門看護師といったように、その分野のスペシャリストとしての知識と経験、技術などが求められます。

 

地域看護、老人看護、慢性疾患看護などでは、在宅医療を続けている方への訪問看護などの必要性もあります。

 

がん看護、精神看護などでは、精神的なサポートやケアが必要になってきます。

 

また、感染症看護では患者さんが隔離されたりすることもあるので、ご家族の方の精神的ケアやサポートなどが必要になってきます。

 

 

 

受験条件

 

ノート

これらの分野の受験条件には、看護師として5年間の勤務実績が必要で、その内の3年間は目指す分野での勤務経験が必要となります。

 

書類選考や筆記試験を受けなければならず、2年間の大学院課程を修了する必要もあり、費用と時間のかかる資格でもあります。

 

 

 

専門看護師の役割

 

専門看護師の役割には、実践相談教育調整研究などがあります。

 

個人や集団への看護実践や看護職へのコンサルテーション、看護職者に対する教育的機能、保健医療福祉チームへのコーディネート、実践の場における研究活動などがあります。

 

専門看護師の資格を生かせる職場には、大学病院のような総合病院や専門病院があります。

 

勤務先での医療機関や配属などによっても待遇が変わってきます。

 

在宅看護、老人看護、地域看護、慢性疾患看護などでは、デイケアセンターや訪問看護ステーション、リハビリセンターなどの福祉施設での勤務など、活躍の場が広がる分野とも言えます。

 

特に、高齢化社会により慢性的に疾患を抱えている高齢者の方や在宅治療をされている方が増えています。そういった高齢者の方の日常生活のサポートやご家族へのメンタルケアなど需要の高い分野とも言えます。

 

医療機関により専門分野の必要としている専門看護師が違うため、自分の目指している(従事している)医療機関で専門性を十分に発揮出来るかどうかを見極める必要があります

 

 

これから看護師を目指そうとしている方やご自身のキャリアアップで資格取得をお考えの方は、資格の特性とかかる費用や時間をしっかりと理解したうえで、専門看護師や認定看護師などにチャレンジするようにしてみて下さい。

 

看護学校を卒業したら、いよいよ現場に出て働くこととなります。
職場環境、人間関係の善し悪しは、働く上でとても大切なことなので、コンサルタントのいる看護師転職サイトを使用し、なるべく失敗のない就職活動を行いましょう!