妊娠や出産、育児など、女性特有の機能を果たす役割のサポート・ケアをする必要があります。

MENU

母性看護とは!?

 

妊婦さん

 

母性看護とは、女性のライフサイクル全般と母子の成長、発達など健康に関わる看護のことです。

 

性や生殖などの体のことや妊娠、分娩、産褥期に及ぶ健康問題の解決の援助方法などを学ぶ母性看護学があります。

 

母性とは、母性本能という言葉によく使われるとおり、女性が持っていると言われる母親としての性質のことを言います。

 

妊娠や出産、育児といった女性が本能的に持っている特有の機能を果たす役割のサポートやケアをする必要があります。

 

母性看護には、看護師国家資格の分野として母性看護専門看護師という資格があります。

 

受験資格には、看護師としての実務経験5年以上(その内3年は母性看護の現場での実務経験)などの条件があります。

 

書類選考と筆記試験を受けて合否が決まります。

 

資格を取得することで、取得後の医療機関での待遇や活躍現場の幅が広がる資格でもあります。
専門の教育や研修を受けた母子の成長をケア、バックアップする役割のある仕事です。

 

出産前診断、人工妊娠中絶、乳児虐待などの倫理問題などにも看護学の立場から関わっていく仕事となります。

 

母性看護学は、女性の生涯に渡って思春期、性生殖期、更年期、老年期といったライフサイクルに併せた健康問題に関わる分野です。

 

主な科目には、母性看護学概論、母性看護学方法論I・Ⅱ、母性看護学実習などがあります。

 

母性看護の概念や文化の学習や妊婦さん、産婦さん、新生児との関わりを通して実践的に看護のあり方を学んでいきます。

 

現時点での大人の女性だけでなく将来、親になる学生の母性観などを養うことも目指している分野でもあります。

 

体力的にも精神的にタフさと経験が必要とされる分野でもあり仕事内容には、

  • 分娩進行に伴う産痛の緩和法や呼吸法
  • マッサージ
  • 食事や排泄などのサポート
  • 清潔の援助

などのニーズに沿った援助が必要になります。

 

子供が好きな方にはピッタリな「小児看護」