子供からお年寄りまで幅広くカバーするため、幅広い知識と技術、経験が問われます。

MENU

地域看護とは!?

 

地域看護とは、疾病予防や早期治療、リハビリテーションなど在宅療養を必要としている方への看護での地域サポートを言います。

 

地域看護専門看護師などの地域看護では、在宅看護のニーズに応えるスペシャリストとして、包括的な看護の知識や技術が必要になります。

 

地域には様々な看護施設があります。
保健所や市町村の保健福祉センター、地域包括支援センターなどがあります。

 

そういった施設での患者の心身のサポートやケア、リハビリテーションなどを行います。
また、地域看護には訪問看護として在宅看護も含まれます。

 

地域では、小児や高齢者、妊婦の方や障害を持っている方など、様々な方が在宅療養されています。

 

在宅療養では24時間365日介護や看護を必要としている方が殆どなため、地域看護の重要性が増しています。

 

資格について

 

地域看護専門看護師という地域医療の専門資格があります。

 

資格取得には、看護師免許を所有している必要があり、さらに看護師としての実務経験が5年以上必要です。その中の3年は学校看護や産業看護などの地域看護分野での実務経験が必要になります。

 

難易度としては、合格率が90%以上とそれ程難しいとは言えません。

 

資格を取得すると、デイケアセンターや訪問看護ステーションなどの福祉施設で活躍出来ますし、待遇なども変わってきます。

 

子供と老人

地域看護では、子供からお年寄りまで幅広くカバーしなければいけないので、豊富な知識と技術、経験が問われます

 

医療機関では即戦力だけでなく、人材の育成や教育を必要としているところも多いことから就職としての需要も高まっています。

 

地域看護専門看護師の数は非常に少ないため価値も上がっています。

 

在宅ケア看護や学校看護、産業看護など地域看護に携わる分野の職種につきたい方は、資格取得条件をしっかり理解したうえでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。