入院するベッド数が19床以下の医療機関がクリニック、20床以上が病院です。

MENU

クリニックと病院の違い

病院の建物

 

看護師といえば主な仕事先は「病院」ですよね。しかし、病院の中には小規模の「クリニック」というものもあります。
看護師の仕事をする上で、病院とクリニックではどのような違いがあるのでしょうか?

 

クリニックと病院の違い

一般的に「クリニック」といわれるのは「診療所」のことで、診療所とは「入院するベッド数が19床以下の医療機関」の事を指します。
要するに「20床以上の入院ベッド数がある医療機関」が「病院」というわけです。

 

クリニックと病院の違いは入院ベッド数だけではありません。スタッフの必要数も異なってきます。病院は「医師が3名以上、患者3人に看護師が1人、薬剤師は1名」などと決められています。
しかし、クリニックは「医師が1名以上必要」という事以外に、看護師や薬剤師などのスタッフの必要数の決まりがないのです。

 

病院で働くという事

病院は組織自体が大きいので、福利厚生や昇給がきちんとしています。その代わり夜勤があるなどシフト制での勤務になる事が多いです。
また、看護師の人数が多いので、仕事について教えて貰う事が出来ます。
病院に来る患者さんにも、軽症なものから重症なものなどさまざまなので、病院内の勉強会や他の施設で行われているセミナーに参加しなければならない事があります。そのため、仕事のスキルを上げる事が出来ます。

 

クリニックで働くという事

クリニックは規模が小さいので、福利厚生がしっかりしていない事が多く、昇給もあまり見込めませんが、決められた時間内の仕事をすることができます。
しかし、看護師の人数が病院に比べてとても少ないため、即戦力となるほどのスキルがなければかなり辛くなります。
また、クリニックによっては受付などの事務作業も平行して行わなければならない場合もあります。