治療生活が長期間に及ぶため、精神的苦痛を和らげるサポートが求められます。

MENU

慢性疾患看護

 

慢性疾患とは、治りにくい疾患がゆっくりと進行し慢性化する生活習慣病のことを言います。

 

治癒にかかる時間を要し、慢性化する病気のことを言います。

 

慢性疾患看護とは、生活習慣病を含め、慢性的で治りにくい病気や心身の問題をかかえる患者の支援を行うことです。

 

糖尿病のインスリンの注射

代表的な疾患には糖尿病などがあります。

 

糖尿病は一度なってしまうと不治の病とも言われていて、インスリンの注射や服用薬の飲用を継続しなければいけません。

 

軽度から重度まであり、対策や生活習慣の改善の方法も変わってきますが、食事生活の改善や運動不足の解消など日常の生活から見直す必要性が出てきます。

 

また、慢性疾患には他にも心臓病、関節リウマチ、結核などがあります。

 

慢性疾患看護専門看護師は、慢性的な心身の疾患をかかえる方のケアやサポートを役割とし、習慣病を含め予防や改善を促し、健康的な毎日をおくる看護をする専門職です。

 

専門看護師になるためには、大学院での教育基準カリキュラムなど専門の教育や研修を受ける必要があります。

 

慢性疾患専門看護師は、専門的な知識と時間、労力や覚悟の必要な専門職なので、しっかりと認識したうえで目指すようにしましょう。

 

慢性疾患看護で大切なのは、日常生活のサポートや病気治療のケアだけではありません

 

長期間に及ぶ治療生活には、精神的なケアやサポートも必要です。
病気は長期化する度に、長く付き合わなければいけないものとしてメンタルに及ぼす影響も大きくなります。慢性疾患看護では、そういった精神的苦痛の部分も和らげるサポートが求められます。

 

高齢化社会になり、慢性化している疾患を抱えている患者さんも増えているのが現状です。

 

慢性疾患看護の分野は需要も多く人手を必要としているので、これから看護師を目指す方にも職種としておすすめの分野と言えます。