同年齢の人たちよりも年収が高いですが、精神的に辛いことも多いです。

MENU

看護師のメリット・デメリット

 

看護師の仕事のメリットとデメリットとはどのようなことがあるのでしょうか?

 

メリット

収入が良い

看護師の仕事は、一般的なOLなどの仕事に比べ収入が1.5倍~2倍ほど高いといわれています。また、昇給もあることが多く、他の仕事についている同じくらいの年齢の人たちよりも年収が高くなることがほとんどです。

 

就職先が多い

一言に「看護師」と言っても、看護師が働く事が出来る職場は数多くあります。
病院はもちろん、介護施設、企業などさまざまな職場で看護師の求人を行っています。たとえ一度看護師と言う職場から離れたとしても、再就職に困る事はないでしょう。

 

また、他の職場に転職を考えた場合でも、他の職業と違い、安易に転職先を見つける事が出来ます。

 

病気に対する専門知識が増える

当たり前といえば当たり前なのですが、看護師の仕事に就くには病気に対する専門知識がなければいけません。
そのため、自分はもちろん、家族や友人にアドバイスを行う事もできますし、病院にかかったときも詳しく専門的に質問をする事が出来ます。

 

デメリット

生活リズムが崩れやすい

看護師の仕事は夜勤もあるシフト制である多いので、体調を崩しやすい職種です。
また、友人や家族などと予定を合わせる事が難しい事が多いです。
そのため、結婚しても離婚する率が高かったり、付き合う友人が減ってしまうこともあります。

 

精神的な負担が多い

ストレスを感じる看護師

 

患者さんの病気や命と向き合う仕事なので、責任が重く、精神的な負担を感じてしまいがちです。
また、女性だらけの職場なので、職場に対するストレスを多く感じてしまいがちです。上手にストレス発散を行えなければ、自分自身を追い込んでしまうこともあります。