高卒なら看護専門学校、看護系短大、看護系大学を卒業することで受験資格を得る事が出来ます。

MENU

資格取得までのプロセス

 

看護師の資格を取得するのには、さまざまな方法があります。

 

中学卒業後の場合

説明する看護師の男性

高等学校で5年間通う看護学校に入学して卒業すると、看護師の国家試験の受験資格を得る事が出来ます。
この5年の内訳は、3年間で高校の一般的な学習を、2年間で専攻科の学習をします。

 

その他にも、高等学校の衛星看護科に入学して卒業したり、准看護師養成所に入学して卒業すると、准看護師の受験資格を得る事が出来ます。

 

看護学校や高校の衛生看護科は卒業すれば高校卒業の資格を得る事が出来ますが、准看護師養成所を卒業しても高校卒業の資格を得る事が出来ません。

 

高校の卒業資格を得たいのであれば、准看護師養成所以外の学校を選ぶようにしたほうがよいでしょう。

 

高校卒業後の場合

高校卒業後の場合、看護専門学校、看護系短大で3年間学習して卒業するか、看護系大学で4年間学習して卒業することで、看護師の資格を取得する為の受験資格を得る事が出来ます。

 

学校によっては、看護師の他にも、保健師、助産師、養護教諭、看護教諭免許など、看護に関連した資格を得る事が出来たり、受験資格を得る事が出来ます。
学校のカリキュラムなどをよく見極めたうえで学校を選ぶようにしましょう。

 

働きながら資格を取得する場合

働きながら看護師の資格を取得する場合、准看護学校に入学して2年間学習するか、看護専門学校に入学し、3年間学ぶ事で、看護師や准看護師の受験資格を得る事が出来ます。
学校によって、全日制、昼間定時制、夜間定時制などさまざまな種類があるので、自分に会った学習方法のある学校を選ぶようにしましょう。

 

また、他の業界で働いていたとしても、未経験で看護助手や介護助手などの仕事に就くことも可能です。職場に学習の旨を伝えることで、他の業種で働き続けるよりも学習しやすい環境を得る事ができる可能性があります。