食事や着替え、排泄などを支援するなど、日常生活のサポートやケアをメインとします。

MENU

老人看護とは!?

 

老人と看護師

 

老人看護とは、高齢者の疾患や生活習慣のサポートを尊厳を大切にしながら支援をしていくことです。

 

老人看護専門看護師として、病院などの医療機関介護老人保健施設リハビリテーションセンター自宅への訪問看護などがあります。

 

食事や着替え、排泄などの生活の支援をすることはもちろん日常生活のサポートやケアをメインとしています。

 

老人看護で重要なのは、患者さんと同じ目線で接することです。

 

高齢者の方の看護で大変な点として、認知症や徘徊、失禁などがあります。
体力的な部分だけでなく、精神的にもタフでないと務まらないのが老人看護でもあります。

 

在宅医療でも清掃から床ずれの直し、オムツの交換など、患者さん目線に立ってしなければいけない仕事内容が多くあります。

 

老人看護では、看護センターやリハビリセンターなどの施設で行うケース在宅療法で訪問看護する方法があります。

 

老人看護の職種には、看護師や理学療法士作業療法士介護福祉士などがあります。

 

資格について

 

また、老人看護専門看護師という資格があり、高齢化社会になっている現状では需要の多い分野の資格でもあります。

 

資格を取得するには条件が幾つかあり、

  • 日本の看護師免許があること
  • 看護系大学修士課程を修了していること
  • 専門看護師教育課程基準の単位を取得していること

などがあります。

 

そのうえで、書類選考や筆記試験に合格すると資格取得が出来ます。

 

老人看護専門看護師になるには、経験や実績も必要なため、しっかりとした知識と認識を得て臨まれるようにして下さい。

 

老人看護は、高齢化社会により活躍の場も多い職種です。

 

慢性的に疾患をかかえている高齢者のサポートは医療センターなどの公共施設だけでなく、在宅医療としての訪問介護や地域のケアセンターなどでも活躍出来ます。

 

人材を必要とされている現場でもあるので、老人看護を目指してみてはいかがでしょうか。